碓氷峠鉄道文化むら

日本鉄道史に残る難所、碓氷峠の歴史を伝える、体験型鉄道テーマパーク


貴重な車両が展示されると共に、日本で唯一電気機関車の運転体験が可能。鉄道ファンの聖地としても有名な施設。

碓氷峠鉄道文化むらは、旧日本国鉄最大の難所であった「碓氷線」の歴史と、碓氷線を越えるために活躍した車両を展示している、見て、触れて、体験できる鉄道テーマパーク。日本の鉄道ファンに1度は訪れたい場所として非常に人気がある。「アプト式」を導入することで標高差を克服するのに活躍した『ED42』をはじめ、『EF62』『189系あさま号』などの展示車両では運転席に入って機器類に触れることもできる。貴重な車両が30両以上展示されている。
また、日本で唯一、碓氷峠越え専用の電気機関車として製造された『EF63』電気機関車の運転体験が可能で、全国から鉄道ファンの予約が殺到している。また、園内から日帰り温泉峠の湯までの間は夏季を中心にトロッコが運行されており、家族連れに人気。

営業時間 3/1~10/31 9:00 17:00(入園は16:30まで)
11/1~2/末日 9:00 16:30(入園は16:00まで)
閉会時間 毎週火曜日(8月を除く)・12/29~1/4
(火曜日が祝日の場合は翌日休園)
料金 Adult: 500円
Child: 300円
住所 群馬県安中市松井田町横川407-16
電話番号 027-380-4163
ウェブサイト http://www.usuitouge.com/bunkamura/

ハイライト