横川駅

日本一だった急勾配で有名な終着駅は駅弁でも有名


最も有名な駅弁のひとつで、皇室御用達でもある「峠の釜めし」で有名な信越線の終着駅。ここからは里山の美しい景色が見ることができる。

横川駅は、日本の鉄道ファンのあいだでも有名な駅だ。難所であった「碓氷峠」を越えるための鉄道運行の拠点として、明治18年(1885年)に開業した。駅の周囲は妙義山の大自然に囲まれ、近くには中山道の関所であった「碓氷関所跡」もある。北陸新幹線が開通するまで、横川駅は多くの列車が停車し、碓氷峠越えの準備のための待ち時間に駅弁を買い求める乗客が多かった。これらの乗客に陶器のお釜で温かい食事を提供して大ヒットとなった「峠の釜めし」は、いまでは日本で最も有名な駅弁のひとつになり、横川駅の代名詞になっている。

料金 FREE
住所 安中市松井田町横川398番地

ハイライト